読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

1986年ビッグファイターシリーズ

例年、ビッグファイトシリーズとして行われてきていた時期。この年はビッグファイターシリーズと名称を少しだけ改称。1986年5月1日両国国技館大会のメインはアントニオ猪木、上田馬之助組対アンドレザジャイアント、ショーグンKYワカマツ組。珍しい組み合わ…

シリーズ最終戦のカードなど

昔はよく当初、発表された対戦カードが変更になってたなあ。ファンの方も慣れたもので、例えばシリーズ最終戦にアントニオ猪木対マスクドスーパースター、と発表されても、いやいや、ないない。たぶんアントニオ猪木対長州力に変わるな、とか思っていて、実…

1986年ニューウェーブダッシュ86

このシリーズ、当初はアントニオ猪木と前田日明のシングルマッチが発表されて、やったー、ついに猪木対前田のシングルが見れる!第1回IWGP高松大会の時とは違うだろうなー、ワクワク、と期待に胸を膨らませたのもつかの間、アントニオ猪木が前田とはシングル…

1986年ニューウェーブダッシュ86後楽園大会

1986年3月1日新日本プロレスニューウェーブダッシュ86後楽園ホール大会。確かこの日はノーテレビ。タッグマッチで前田日明がキックの連打で藤波辰巳を一時ノックアウト状態に。その再現を他のテレビ中継の会場でもやってたけどどこだったかはもう忘れた(笑)

1986年ニューウェーブダッシュ86東京大会2

この日のメインは新日本対UWFの5対5イリミネーションマッチ。アントニオ猪木、藤波辰巳、木村健悟、星野勘太郎、上田馬之助対前田日明、藤原喜明、木戸修、高田伸彦、山崎一夫。この日はそれぞれがテーマ曲に乗って入場だったけど、アントニオ猪木と前田日明…

1986年ニューウェーブダッシュ86開幕

1986年2月28日新日本プロレスニューウェーブダッシュ86埼玉熊谷市体育館大会。ようやく新日本とUWFの戦いか本格化。藤波辰巳、木村健悟対木戸修、藤原喜明。ある意味、地味な組み合わせ。たしかこのシリーズはビリージャックヘインズも参戦、週プロの表紙に…

1986年ニューウェーブダッシュ86東京大会

1986年3月26日新日本プロレスニューウェーブダッシュ86東京体育館大会。この日はまずヤングライオン杯の決勝が行われた。対戦カードは後藤達俊対山田恵一。後藤達俊は前年にライジングサンズとして凱旋帰国していたけど負傷欠場してまたヤングライオンに逆戻…

1986年ニューイヤーダッシュ86

1986年新春を飾るニューイヤーダッシュ86は、当初の期待とは反してUWF同士のリーグ戦に終始して、新日本との対戦は次のシリーズからかぁと思ったことを記憶している。たしかマッドマックス1号2号も参戦してたような。全日本のロードウォーリアーズに対抗して…

1986年ニューイヤーダッシュ86両国大会

この日はメインの他にもザ・コブラ対越中詩郎、藤波辰巳対ケリーフォンエリックなどもあった。越中詩郎は前年のチャレンジスピリットから新日本マットに移籍してきてようやく居場所を見つけた感じがした。越中詩郎は当初、アジアプロレス所属として参戦して…

1985年チャレンジスピリット85東京大会

1985年9月19日新日本プロレスチャレンジスピリット85東京体育館大会。この日のメインは切り札というべきアントニオ猪木対藤波辰巳。特別レフリーは鉄人ルーテーズ。冬の時代に他にカードがなく、止むを得ず組まれたカードという感じで、せっかくの師弟対決が…

1986年ニューイヤーダッシュ86大阪大会

1986年2月5日新日本プロレスニューイヤーダッシュ86大阪府立体育会館。この日はアントニオ猪木への挑戦権をかけたUWFリーグ戦、前田日明対藤原喜明。前田日明に落とされながらもレッグロックを離さなかったという藤原喜明が勝利して翌日の両国決戦へと駒を進…

1986年ニューイヤーダッシュ86

1986年1月3日新日本プロレスニューイヤーダッシュ86後楽園大会。このシリーズよりカムバックサーモンUWF軍団が新日本プロレスマットに参戦。高田伸彦対木戸修などが行われた。ロープに飛ばないスタイル、格闘スタイルでの試合をしていたからやや地味な印象だ…

1985年 新日本プロレス

この年は昼先のブローディ参戦から12月のUWF軍団カムバック挨拶まで、1984年後半から続いた冬の時代の中で、ようやく明るい兆候が見えてきた年だったけど、最後まで暗さの残る年だったな。ライバルの全日本もジャパン勢の活躍や、10月からゴールデンに復帰し…

1985年IWGPタッグリーグ戦仙台大会

1985年12月12日新日本プロレスIWGPタッグリーグ戦仙台大会、優勝決定戦。アントニオ猪木、坂口征二組対藤浪辰巳、木村健悟組。藤浪辰巳がドラゴンスープレックスホールドでアントニオ猪木をフォールして優勝。新時代への突入か、という期待感を持た…

1985年のIWGPタッグリーグ戦

この年の参加チームはアントニオ猪木、坂口征二組、藤波辰巳、木村健悟組、ブルーザーブローディ、ジミースヌーカ組、ディックマードック、マスクドスーパースター組、ドスカラス、カネック組、ケンドーナガサキ、ミスターポーゴ組、ケリーツインズ、バーバ…

1985年IWGPタッグリーグ戦両国大会

1985年12月6日新日本プロレスIWGPタッグリーグ戦両国国技館大会。アントニオ猪木、坂口征二組対藤波辰巳、木村健悟組。この試合前にUWF軍団が入場。前田日明が、この1年半のUWFの戦いが何であったかを確認するために新日本に来ました。試合を見てください。…

1985年IWGPタッグリーグ戦 北九州大会

1985年11月29日新日本プロレスIWGPタッグリーグ戦北九州大会。アントニオ猪木、坂口征二組対ブルーザーブローディ、ジミースヌーカ組。この年の最後にブローディがボイコットしなければこのカードも決勝戦になっていたかもしれないなあ。

1985年バーニングスピリットインオータム東京大会

1985年10月31日新日本プロレスバーニングスピリットインオータム東京体育館大会。この日もメインはアントニオ猪木対ブルーザーブローディ。入場曲が鳴り止んでもブローディは出てこないと思ってたらようやくブローディが入場してきて試合開始。ブローディの…

1985年バーニングスピリットインオータム・ジャイアントグスタプ

このシリーズにはジャイアントグスタプという木こりキャラ?の巨漢レスラーも参戦。橋本真也らとハンディキャップマッチをしたりしてたけど、結局、どういう使い方をしたかったのかいまだに不明(苦笑)

1985年バーニングスピリットインオータム開幕戦

1985年10月4日新日本プロレスバーニングスピリットインオータム開幕戦・札幌中島体育センター大会。この日からケビン&ケリーのエリック兄弟が新日本プロレス初参戦。83年ぐらいにミズーリ州ヘビー級チャンピオンとして全日本マットでもタイトルマッチをして…

1985年バーニングスピリットインサマー

このシリーズにはキングコングバンディも参加していて、ブローディと巨漢タッグを結成して藤波辰巳、木村健悟組を苦しめた。たしかWWFインタータッグ選手権も開催された気がする。暑い夏だったなあ。

1985年バーニングスピリットインサマーハワイ大会

バーニングスピリットインサマーのハワイ、スタジアム大会。アントニオ猪木対ブルーザーブローディ三連戦の最終戦。野球場で屋外の試合ということもあり、風の強い中での試合となった。ブローディがアントニオ猪木をアルゼンチンバックブリーカーで担いだシ…

1985年バーニングスピリットインサマー両国大会

1985年8月1日新日本プロレスバーニングスピリットインサマー両国国技館大会。この日はアントニオ猪木対ブルーザーブローディ、藤波辰巳対ジミースヌーカの対決。

1985年バーニングスピリットインサマー札幌大会

1985年7月19日新日本プロレスバーニングスピリットインサマー札幌中島体育センター大会。この日はWWFインターナショナルヘビー級選手権試合、藤波辰巳対スーパーストロングマシンの一戦。普段のファイトスタイルに加えてキックや三角絞めなどUWFを意識したと…

1985年バーニングスピリットインサマー大阪大会

1985年7月28日新日本プロレスバーニングスピリットインサマー大阪城ホール大会。この日からアントニオ猪木対ブルーザーブローディの三連戦がスタート。同じく藤波辰巳対ジミースヌーカの二連戦もスタート。藤波辰巳のジャーマンが炸裂。藤波辰巳は誰と対戦し…

1985年バーニングスピリットインサマー

新日本プロレスのサマーファイトシリーズがこの年はバーニングスピリットインサマーという名称に変更。ブルーザーブローディの名言、猪木の目にバーニングスピリットを見た、から取ったシリーズ名。たしか開幕戦か2週目あたりに品川プリンスホテルゴールドホ…

1985年IWGP&WWFチャンピオンシリーズ愛知大会

1985年6月13日新日本プロレスIWGP&WWFチャンピオンシリーズ愛知県体育館大会。この日はIWGP王者としてのアントニオ猪木とWWFチャンピオン・ハルクホーガンの対戦。82年頃、83年IWGP頃とは違い、84年にWWFヘビーのチャンピオンとなってから一年以上が経過して…

1985IWGP&WWFチャンピオンシリーズ東京体育館大会

この年のIWGP東京大会はアントニオ猪木対アンドレザジャイアントの闘い。地味な攻防が続いて暗い試合だったなあ。延髄斬りもアンドレの背中に当たった程度で微妙な決着だった。時期的に同じぐらいの年代に行われてた83年第1回IWGP開幕戦や同年12月鹿児島での…

1985年IWGP&WWFチャンピオンシリーズ

開幕戦は藤波辰巳の地元、大分大会、そして福岡スポーツセンター大会と合わせて2大会のテレビ中継がたしかあった記憶がある。藤波辰巳対ジミースヌーカの一戦は流血試合となった。昔はよく流血試合があったけど最近は本当に少なくなったな。

1985年ビッグファイトシリーズ両国大会その2

この日のもうひとつの注目カードは藤波辰巳対スーパーストロングマシーン。マネージャー若松の誤爆により視界を遮られたマシーンに藤波辰巳がドラゴンスープレックス一閃!久々にドラゴンスープレックスが決まった瞬間を見れて興奮したなあ。前年の愛知大会…

1985年ビッグファイトシリーズ両国大会

1985年4月18日新日本プロレス両国国技館大会。たしかこの大会が新日本プロレスとしては両国国技館での初興行。全日本プロレスから転出したブルーザーブローディとアントニオ猪木が初対決。どんな試合になるのかをすごく期待してテレビ観戦したなあ。大量離脱…

1985年ビッグファイトシリーズ

ケリーツインズなんていう双子コンビが参加したりハックソーヒギンズも参加していた。そして後楽園で伝説の運命が響き渡りブルーザーブローディが登場。興奮したなあ。真冬の暗黒時代をさまよっていた新日本プロレスについに復活弾が来たか、と期待は高まっ…

1985年新春黄金シリーズ

このシリーズの話題は巨鯨キングコングバンディの初来日。アントニオ猪木とのボディスラムマッチなんかもあったな。キングコングバンディがどんな選手なのか期待して、録画しておいたワールドプロレスを夜中に同級生と一緒に見たなあ。新日本プロレス真冬の…

1984年第5回MSGタッグリーグ戦広島大会

この日はアントニオ猪木、アンドレザジャイアントがドリームタッグを組み、ストロングマシーンズと対戦。なんか唐突な感じもしたけど、大量離脱の余波で、苦肉の策だったんだろうなあ。

1984年第5回MSGタッグリーグ戦愛知大会

1984年11月30日新日本プロレス第5回MSGタッグリーグ戦愛知県体育館大会。この日はアントニオ猪木、藤波辰巳対ストロングマシーンズのリーグ戦。なんとここで突如、藤波辰巳がドラゴンスープレックスを解禁。実況の古舘伊知郎氏も驚いていたけど、生中継を観…

1984年第5回MSGタッグリーグ優勝戦

1984年12月11日に行われた新日本プロレス第5回MSGタッグリーグ大阪大会。優勝戦のカードはアントニオ猪木、藤波辰巳対ディックマードック、アドリアンアドニス。スーパーバイオレンスコンビに苦しめなれながらも最後はアントニオ猪木の卍固めが決まり、猪木…

1984年第5回MSGタッグリーグ開幕戦

1984年11月16日新日本プロレス第5回MSGタッグリーグ開幕戦は川崎市体育館で行われた。この日のカードはアントニオ猪木・藤波辰巳対ハルク・ホーガン、ザ・ワイルドサモアン。ハルク・ホーガンが場外で額に裂傷を負って、その後のリーグ戦を一時欠場…

1984年闘魂シリーズ最終戦メイン

この日のメインはアントニオ猪木対ストロングマシン2号(≧∇≦)この時は正体がわからなかったけど、後年その正体が力抜山と知りびっくり!力抜山選手と言えば前座戦線で戦っていた選手だと思ってたからマスクをかぶって殺戮マシン軍団の2号に変身していたとは…

1984年闘魂シリーズ最終戦その2

新日本プロレス闘魂シリーズ最終戦、ザ・コブラ対ブラックタイガーのNWA世界ジュニアヘビー級タイトルマッチ。この頃はコブラとブラックタイガーの試合が良く組まれてたなあ。初代タイガーマスクと比べるとどうしても内容的に今ひとつだったけど、いまになれ…

1984年闘魂シリーズ最終戦

1984年11月1日東京体育館で行われた新日本プロレス闘魂シリーズ最終戦。藤波辰巳対カウボーイボブオートンジュニア。WWFインターナショナルヘビー級選手権試合。オートンは本物の馬に乗って入場してきた。藤波がサソリ固めで勝利したけど、この頃から冬の時…

1984年闘魂シリーズ開幕戦

1984年10月5日新日本プロレス闘魂シリーズ越谷大会。アントニオ猪木、藤波辰巳、木村健悟対マスクドスーパースター、カウボーイボブオートン、ブライアンブレアー。この日は高野俊二が凱旋。ブレッドハートにバズーカ砲を放ち期待が高まったけど、その後は失…

1984年ジャパン勢大量離脱

1984年ブラディファイトシリーズ後にジャパンプロレス勢が新日本プロレスから大量離脱。新日本プロレスに残った選手による合宿風景がテレビでも流れたけど大ダメージの印象だったなあ。この時に生まれた名ゼリフは木村健悟の「稲妻!」でした。

1984年ブラディファイトシリーズ南足柄大会

1984年8月31日新日本プロレスブラディファイトシリーズ南足柄体育館。この日のメインは藤波辰巳対ボブ・バックランド。かの有名な伝説の試合、長過ぎたショートアームシザースというフレーズが生まれた日。執拗にキーロックを繰り出す藤波に、さすがに生中継…

1984年ブラディファイトシリーズ大阪大会

1984年9月21日新日本プロレスブラディファイトシリーズ大阪大会。この日はアントニオ猪木対アノアロ・アティサノエによる異種格闘技戦。たしか大相撲の小錦の兄弟だった。試合は凡戦だったなあ。その他にもこの日は ストロングマシンが増殖していて、2号のノ…

1984年ブラディファイトシリーズ福岡大会

1984年9月7日新日本プロレスブラディファイトシリーズ福岡スポーツセンター大会。この日のメインはアントニオ猪木対ストロングマシンの初対決。謎の怪覆面がどんな試合をするのか、と思いながら観戦。アントニオ猪木がストロングマシンを卍固めに捉えたとこ…

1984年ブラディファイトシリーズ開幕戦

1984年8月24日新日本プロレスブラディファイトシリーズ後楽園大会。謎の怪覆面とマネージャーのワカマツが登場。のちのストロングマシンなんだけど、この時は雑誌にキン肉マン登場か?とか書いてあったのでてっきりキン肉マンだと思ってた(苦笑)

1984年サマーファイトシリーズ蔵前大会

この日が旧蔵前国技館としてはラスト興行、そして離脱前としてはアントニオ猪木と長州力のラストシングルマッチ。当時、そんなタイトルのビデオが出てたなあ。 アントニオ猪木がグラウンドコブラで長州力からスリーカウント。いい試合だった。試合中盤だった…

1984年サマーファイトシリーズ札幌大会

1984年7月20日新日本プロレスサマーファイトシリーズ札幌中島体育センター大会。この日はWWFインターナショナルヘビー級選手権試合、藤波辰巳対長州力の試合。82年から繰り返してきた名勝負数え歌が一区切りついた試合。さすがに名勝負数え歌にも飽きが出て…

1984年サマーファイトシリーズ大阪大会

1984年7月5日新日本プロレスサマーファイトシリーズ大阪大会。この日は藤波辰巳かタイトルマッチと別にシングルマッチも戦うダブルヘッダー。藤波辰巳対長州力、藤波辰巳対エルカネック。当時の旧大阪府立は灼熱の暑さだったらしいから、真夏の時期のダブル…

1984年サマーファイトシリーズ開幕戦

1984年6月29日後楽園ホールで開幕した新日本プロレスのサマーファイトシリーズ。IWGP優勝戦での乱入問題を引きずってて、なんかドタバタしてた記憶がある。当時、週刊プロレスにも長州力の、俺の言い分という記事があったな。このサマーファイトシリーズはア…