80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

INOKI闘魂LIVE PARTⅡ

大阪城ホールで開催された闘魂LIVE第二弾。海賊男が乱入してマサ斎藤に手錠をかけて控え室に連れ帰ってしまい、大混乱。かの有名な暴動に発展した。この年の新日本プロレスは年末にも暴動があったし、当時はファンも激しく熱かったなあ。マサ斎藤に間違えて…

ブレイジングチェリーブロッサム87

前シリーズに続き、一新されたシリーズ名が続いた。当初はブレイジングチェリーブロッサム87だったがクラッシャーバンバンビガロの参戦によりシリーズ名が変更になった。当時、興行ポスターを購入したけど修正のシールが送られてきたからビックリしたのを覚…

スプリングフレアーアップ87

1987年スプリングフレアーアップシリーズ。この年は次のシリーズもそうだけど一風変わったシリーズ名称に突然変わったなあ。フレアーという名称だったから、ん?リックフレアー?と思ったけど全く関係なかった(苦笑)

ワンマッチ興行

1986年1月14日後楽園ホール。藤波辰巳対木村健悟のワンマッチ興行。マットのスプリングを硬くしての試合だった。通常の試合会場で1試合だけの興行というのは後にも先にもこの日だけだったと思う。正月決戦で因縁が生まれた2人の決着戦となったが、1試合だけ…

1987年ニューイヤーダッシュ87

1987年1月2日新日本プロレス後楽園大会。藤波辰巳対木村健悟。この日は会場で観戦した。この対戦から伝説のワンマッチ興行へとつなかっていった。

1986年ジャパンカップタッグリーグ両国大会

1986年12月11日新日本プロレス86ジャパンカップタッグリーグ優勝戦、アントニオ猪木、藤原喜明対前田日明、木戸修。アントニオ猪木組の優勝に終わった一戦だったけど、前田日明のゴンタ顔が一瞬垣間見えた試合だった。アントニオ猪木の衰えを感じた前田日明…

1986年ジャパンカップタッグリーグ後楽園

1986年11月14日新日本プロレス、暮れの定番タッグリーグ。この年はジャパンカップタッグリーグと名称変更。まあMSGが使えないのは仕方ないとして、前年同様にIWGPタッグリーグで良かった気もする。 藤波辰巳、武藤敬司対ケンドーナガサキ、ミスターポーゴ。 …

1986年ジャイアントシリーズ輪島デビュー

1986年11月1日土曜日 石川県七尾市総合体育館で元横綱の輪島大士がプロレスデビュー。タイガージェットシンと対戦して両者反則の裁定。かなり話題性高かったけど試合内容としては微妙だったな^^;

1986年INOKI闘魂LIVE

闘魂LIVEと銘打って行われた興行。この日の前田日明とドンナカヤニールセンの試合で、新格闘王が誕生。 レオンスピンクスとの試合はアントニオ猪木も力が衰えていたし、ガッツ石松氏がレフリーだったこともあって途中、試合終了?と思うようなシーンもあった…

1986年闘魂シリーズ後楽園大会

アントニオ猪木、ケビンフォンエリックの異色コンビ対木村健悟、武藤敬司というこれまた異色コンビの対決。なぜか大流血に追い込まれる武藤敬司。試合後、木村健悟がアントニオ猪木に突っかかって文句を言っていたな。ケビンフォンエリックは何が何やらとい…

1986年闘魂シリーズ

このシリーズはコンガザバーバリアン、ケビンフォンエリックなどが参加。そしてスペースローンウルフ武藤敬司が凱旋帰国。藤波とのシングルマッチに挑んだけど惜敗。ヘルメットかぶって入場とかのキャラクター設定、今思えばいらなかったな(苦笑)ナチュラ…

1986年チャレンジスピリット86福岡大会

1986年9月16日福岡スポーツセンター大会。この日が金曜8時としては最後のワールドプロレスリング生中継となった。その後、月曜とか火曜になって、土曜の夕方になっていったけどしっくりこなかったなあ。そういえば昔は全日本が土曜の夕方とか夜中にテレビ中…

1986年チャレンジスピリット86

ハックソージムドゥーガン、マッドマックス、スーパーマックス、エンゼルオブデス、ケビンケリー、ジェリーグレイ、ブラックタイガー。なかなか微妙な参加レスラーだったな。

1985年バーニングスピリットインサマー

バーニングスピリットインサマーと言えば1985年8月1日の両国でザ・コブラにドン荒川が挑戦したことを思い出した。なんか唐突な感じがしたけど、よく前座第一試合を務めていた荒川がタイトル挑戦ということでそれなりに話題になった。

1986年バーニングスピリットインサマー

たしかこのシリーズにドクターデス・スティーブウイリアムスが初参戦した記憶がある。身体はなんかゴツいし、不器用な動きをするし、技も相手の受け身を考えずに繰り出して下手だし、イマイチなレスラーだなあと思って見てた。その後、特に全日本マットであ…

1986年サマーアクションシリーズ

1986年7月31日両国国技館、全日本プロレス。この日は長州力対キラーカーンの新日本出身選手の対決が全日本マットで実現。キラーカーンが反逆してからの流れがあって、この日も流血しながらの、なかなか面白い試合だった。

1986年バーニングスピリットインサマー両国大会

IWGPタッグ選手権試合。藤波辰巳、木村健悟対前田日明、木戸修。たしか当初は前田日明、藤原喜明組の予定だった。藤原喜明の欠場で変更となった木戸修が前田日明とともにタッグチャンピオンになった試合。意外だった。藤原喜明はその後、前田日明と組んでの…

1986年バーニングスピリットインサマー両国大会

1986年8月5日新日本プロレスバーニングスピリットインサマー両国国技館大会。高田伸彦対越中詩郎。チキンウィングフェースロック。この年の5月からこの8月、そして9月までの高田対越中は面白かったなあ。いい試合を連発してた。

IWGPチャンピオンシリーズ

ちょうどいまぐらいの時期、5月から6月にかけてがIWGPの開催期間だった。いまは春の祭典としてニュージャパンカップが行われているけど、やはり春から初夏に向けてのこの時期はIWGPのイメージだなあ。83年、84年、85年、86年、87年、それぞれ総当たりリーグ…

1986年IWGPチャンピオンシリーズ札幌大会

1986年6月6日新日本プロレス86IWGPチャンピオンシリーズ札幌中島体育センター大会。この日の公式リーグ戦は前田日明対上田馬之助。シューター対決として期待が高まっていた対戦だったけどやはり勢いに乗る若い前田日明と、下降線を辿っていた上田馬之助では…

1986年IWGPチャンピオンシリーズ京都大会

1986年6月20日新日本プロレス86IWGPチャンピオンシリーズ京都大会。京都といえばアントニオ猪木の大スポンサーである佐川急便の関係でいろんなイベントもあってたみたいだけどこの日起こった衝撃の出来事はあの大巨人アンドレザジャイアントからアントニオ猪…

1986IWGPチャンピオンシリーズ両国大会

結果的にアントニオ猪木対ディックマードックの決勝戦となり、割と長めの試合だった記憶がある。アントニオ猪木のジャーマンスープレックスが決まりカウントスリー!と思ったがなぜかカウントツー…、そこからまた試合を続けて延髄斬りでのスリーカウントにな…

1986年IWGPチャンピオンシリーズ広島大会

1986年5月30日新日本プロレス86IWGPチャンピオンシリーズ広島大会。この日はアントニオ猪木対坂口征二のリーグ戦。リング外でいろいろとあったアントニオ猪木が坊主頭で登場。意外と似合ってたな。アントニオ猪木と坂口征二の新日黄金タッグ対決を見たのはこ…

1986年IWGPチャンピオンシリーズ後楽園大会

1986年5月19日に後楽園ホールで開催された興行は週刊プロレス主催興行だった。全体的に確か黒っぽいポスターもこの日のためだけの特別ポスター。誰が一番強いのか決めたらいいんや、という前田日明発言を先取りするようなキャッチコピーが、載ってた気がする…

1986年IWGPチャンピオンシリーズ

この年のIWGP、Aリーグはアントニオ猪木が勝ち上がり、Bリーグは前田日明、藤波辰巳、マードックなどがいた。前田日明と藤波辰巳は大阪で年間ベストバウトの試合。Bリーグで決勝進出をかけて前田日明とマードックが戦った時は試合結果を楽しみにしていたなあ…

1986年IWGPチャンピオンシリーズ大阪大会

1986年6月12日新日本プロレス86IWGPチャンピオンシリーズ大阪府立体育館。IWGPリーグ戦、アントニオ猪木対藤原喜明、前田日明対藤波辰巳。前田日明の大車輪キックで藤波辰巳が大流血。両者ノックアウトの結末。アクシデントがなければどんな結果だったんだろ…

1986年IWGPチャンピオンシリーズ福岡大会

1986年5月27日新日本プロレス86IWGPチャンピオンシリーズ福岡スポーツセンター大会。この日は越中詩郎対高田伸彦、アントニオ猪木対木村健悟、藤波辰巳対ケリーフォンエリック、アンドレザジャイアント対藤原喜明。 IWGPと言えば福岡大会が開幕戦あるいはテ…

1986年IWGPチャンピオンシリーズ

この年のIWGPはチャンピオンシリーズとして2リーグで開催。前田日明の参戦でアントニオ猪木との優勝戦を期待していたけど、実現せず。この年の参加選手は、割と豪華なメンバーに思えたしポスターのデザインもなかなか良かった。

1986年ビッグファイターシリーズ両国大会新日本対UWF

この日は新日本対UWFの5対5対抗戦。なんといっても前田日明に蹴られまくる藤波辰巳が印象的だった。新日本は藤波辰巳、坂口征二、木村健悟、越中詩郎、山田恵一。UWFは前田日明、高田伸彦、山崎一夫、藤原喜明、木戸修。

1986年ビッグファイターシリーズ

例年、ビッグファイトシリーズとして行われてきていた時期。この年はビッグファイターシリーズと名称を少しだけ改称。1986年5月1日両国国技館大会のメインはアントニオ猪木、上田馬之助組対アンドレザジャイアント、ショーグンKYワカマツ組。珍しい組み合わ…

シリーズ最終戦のカードなど

昔はよく当初、発表された対戦カードが変更になってたなあ。ファンの方も慣れたもので、例えばシリーズ最終戦にアントニオ猪木対マスクドスーパースター、と発表されても、いやいや、ないない。たぶんアントニオ猪木対長州力に変わるな、とか思っていて、実…

1986年ニューウェーブダッシュ86

このシリーズ、当初はアントニオ猪木と前田日明のシングルマッチが発表されて、やったー、ついに猪木対前田のシングルが見れる!第1回IWGP高松大会の時とは違うだろうなー、ワクワク、と期待に胸を膨らませたのもつかの間、アントニオ猪木が前田とはシングル…

1986年ニューウェーブダッシュ86後楽園大会

1986年3月1日新日本プロレスニューウェーブダッシュ86後楽園ホール大会。確かこの日はノーテレビ。タッグマッチで前田日明がキックの連打で藤波辰巳を一時ノックアウト状態に。その再現を他のテレビ中継の会場でもやってたけどどこだったかはもう忘れた(笑)

1986年ニューウェーブダッシュ86東京大会2

この日のメインは新日本対UWFの5対5イリミネーションマッチ。アントニオ猪木、藤波辰巳、木村健悟、星野勘太郎、上田馬之助対前田日明、藤原喜明、木戸修、高田伸彦、山崎一夫。この日はそれぞれがテーマ曲に乗って入場だったけど、アントニオ猪木と前田日明…

1986年ニューウェーブダッシュ86開幕

1986年2月28日新日本プロレスニューウェーブダッシュ86埼玉熊谷市体育館大会。ようやく新日本とUWFの戦いか本格化。藤波辰巳、木村健悟対木戸修、藤原喜明。ある意味、地味な組み合わせ。たしかこのシリーズはビリージャックヘインズも参戦、週プロの表紙に…

1986年ニューウェーブダッシュ86東京大会

1986年3月26日新日本プロレスニューウェーブダッシュ86東京体育館大会。この日はまずヤングライオン杯の決勝が行われた。対戦カードは後藤達俊対山田恵一。後藤達俊は前年にライジングサンズとして凱旋帰国していたけど負傷欠場してまたヤングライオンに逆戻…

1986年ニューイヤーダッシュ86

1986年新春を飾るニューイヤーダッシュ86は、当初の期待とは反してUWF同士のリーグ戦に終始して、新日本との対戦は次のシリーズからかぁと思ったことを記憶している。たしかマッドマックス1号2号も参戦してたような。全日本のロードウォーリアーズに対抗して…

1986年ニューイヤーダッシュ86両国大会

この日はメインの他にもザ・コブラ対越中詩郎、藤波辰巳対ケリーフォンエリックなどもあった。越中詩郎は前年のチャレンジスピリットから新日本マットに移籍してきてようやく居場所を見つけた感じがした。越中詩郎は当初、アジアプロレス所属として参戦して…

1985年チャレンジスピリット85東京大会

1985年9月19日新日本プロレスチャレンジスピリット85東京体育館大会。この日のメインは切り札というべきアントニオ猪木対藤波辰巳。特別レフリーは鉄人ルーテーズ。冬の時代に他にカードがなく、止むを得ず組まれたカードという感じで、せっかくの師弟対決が…

1986年ニューイヤーダッシュ86大阪大会

1986年2月5日新日本プロレスニューイヤーダッシュ86大阪府立体育会館。この日はアントニオ猪木への挑戦権をかけたUWFリーグ戦、前田日明対藤原喜明。前田日明に落とされながらもレッグロックを離さなかったという藤原喜明が勝利して翌日の両国決戦へと駒を進…

1986年ニューイヤーダッシュ86

1986年1月3日新日本プロレスニューイヤーダッシュ86後楽園大会。このシリーズよりカムバックサーモンUWF軍団が新日本プロレスマットに参戦。高田伸彦対木戸修などが行われた。ロープに飛ばないスタイル、格闘スタイルでの試合をしていたからやや地味な印象だ…

1985年 新日本プロレス

この年は昼先のブローディ参戦から12月のUWF軍団カムバック挨拶まで、1984年後半から続いた冬の時代の中で、ようやく明るい兆候が見えてきた年だったけど、最後まで暗さの残る年だったな。ライバルの全日本もジャパン勢の活躍や、10月からゴールデンに復帰し…

1985年IWGPタッグリーグ戦仙台大会

1985年12月12日新日本プロレスIWGPタッグリーグ戦仙台大会、優勝決定戦。アントニオ猪木、坂口征二組対藤浪辰巳、木村健悟組。藤浪辰巳がドラゴンスープレックスホールドでアントニオ猪木をフォールして優勝。新時代への突入か、という期待感を持た…

1985年のIWGPタッグリーグ戦

この年の参加チームはアントニオ猪木、坂口征二組、藤波辰巳、木村健悟組、ブルーザーブローディ、ジミースヌーカ組、ディックマードック、マスクドスーパースター組、ドスカラス、カネック組、ケンドーナガサキ、ミスターポーゴ組、ケリーツインズ、バーバ…

1985年IWGPタッグリーグ戦両国大会

1985年12月6日新日本プロレスIWGPタッグリーグ戦両国国技館大会。アントニオ猪木、坂口征二組対藤波辰巳、木村健悟組。この試合前にUWF軍団が入場。前田日明が、この1年半のUWFの戦いが何であったかを確認するために新日本に来ました。試合を見てください。…

1985年IWGPタッグリーグ戦 北九州大会

1985年11月29日新日本プロレスIWGPタッグリーグ戦北九州大会。アントニオ猪木、坂口征二組対ブルーザーブローディ、ジミースヌーカ組。この年の最後にブローディがボイコットしなければこのカードも決勝戦になっていたかもしれないなあ。

1985年バーニングスピリットインオータム東京大会

1985年10月31日新日本プロレスバーニングスピリットインオータム東京体育館大会。この日もメインはアントニオ猪木対ブルーザーブローディ。入場曲が鳴り止んでもブローディは出てこないと思ってたらようやくブローディが入場してきて試合開始。ブローディの…

1985年バーニングスピリットインオータム・ジャイアントグスタプ

このシリーズにはジャイアントグスタプという木こりキャラ?の巨漢レスラーも参戦。橋本真也らとハンディキャップマッチをしたりしてたけど、結局、どういう使い方をしたかったのかいまだに不明(苦笑)

1985年バーニングスピリットインオータム開幕戦

1985年10月4日新日本プロレスバーニングスピリットインオータム開幕戦・札幌中島体育センター大会。この日からケビン&ケリーのエリック兄弟が新日本プロレス初参戦。83年ぐらいにミズーリ州ヘビー級チャンピオンとして全日本マットでもタイトルマッチをして…

1985年バーニングスピリットインサマー

このシリーズにはキングコングバンディも参加していて、ブローディと巨漢タッグを結成して藤波辰巳、木村健悟組を苦しめた。たしかWWFインタータッグ選手権も開催された気がする。暑い夏だったなあ。