読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

85熱風サマーアクションウォーズ 全日本プロレス

ここらで全日本プロレス福岡大会のことも書いてみよう。1985年7月30日福岡スポーツセンター大会。この頃の全日本プロレスは、低迷する新日本プロレスを横目に、長州力率いるジャパン勢の活躍、豪華外国人レスラーの安定感で活気があった。この日の数日後には大阪城ホールでスーパーストロングマシーンらカルガリーハリケーンズも登場したし、全日本プロレスジャパンプロレスが盛り上がってた時期。

 

この日はジャイアント馬場対スタンハンセンのPWFヘビー級選手権試合が行われた。

ロープ越しのバックドロップでスタンハンセンがタイトル奪取。当時は何気なく見てたけど、なんとこの試合がジャイアント馬場にとって生涯最後のPWFヘビー級タイトルマッチとなった。馬場の代名詞というべきPWFヘビーの生涯ラストマッチを福岡スポーツセンターで生観戦したということは、感慨深い。

 

その他にもこの日は長州力アニマル浜口天龍源一郎石川敬士の試合もあって、長州力が石川にラリアットした時に観客席のカメラのフラッシュがすごかった。

 

この日は、なぜかネクタイして、白のジャケットを着て会場に行った記憶があるな^^;

当時、会場にはガラが悪い人たちもたくさんいて、物を投げたりする人もいたし、ビールやジュースの紙コップをそのまま投げる人もいて、ジャケットにジュースがかかったのも覚えてる(-_-)

 

観戦後、新天町のマクドナルドで同級生といろいろ話した。同級生は翌日からイギリスに行く予定なのに遅くまで話し込んでプロレスのことを熱く語ったなあ^ ^