読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

チャレンジスピリット86福岡スポーツセンター大会 新日本プロレス

1986年9月19日に福岡スポーツセンターで開催された新日本プロレスのチャレンジスピリット86。

この日が長年続いてきた金曜8時のワールドプロレスリング最後の日。

 

曜日が移動となるため、金曜8時に生中継があるのはラスト。

この日は会場に居たため、当然、最後の生中継は見れなかったが、帰宅してから録画していたビデオを再生して見た。

 

この日の対戦カードは高田伸彦越中詩郎IWGPジュニア選手権 。回転足折固めで越中詩郎がタイトル奪取。

 

そして藤波辰巳対ブルーザー・ブローディ。

体格差も大きいし、藤波辰巳の受けの上手さよりも、ブローディの強さが際立った試合だった。

 

ブローディも大型選手がいない新日マットでは戦いにくかったんじゃないかな。

それが後の全日本復帰につながったのかも。

 

 

福岡スポーツセンターでプロレスを見たのはこの日が最後。

その後、福岡スポーツセンターは取り壊され、ソラリアプラザという商業施設に建て替わった。

 

福岡国際センターやマリンメッセ福岡もいいけど、やはり、あの福岡スポーツセンターの雑然とした感じがプロレスには似合ってたなあ。福岡スポーツセンターって冬はスケート場なんだよね。すり鉢状というか、独特な会場だったな。

 

代々木第二も好きなんだよね。

ああいうタイプの会場が好きなのかも。

 

福岡スポーツセンターでは、ファンから見えるところで前田日明藤波辰巳がベンチプレスしてたり、試合を見てたりしたから、写真を撮って週プロに送ったら採用された^ ^

週プロには写真で二回採用されたし。週刊ファイトには読者のコーナーで、数回採用されて、書くのが楽しかった。当時、パソコンはなかったので、原稿用紙に手書き(^^;;