80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

1988年6月10日新日本プロレス広島大会

1988年6月10日新日本プロレス広島県立体育館大会。この日は新幹線に乗って広島駅まで行き、駅に隣接したホテルに宿を取り、そこから電車で県立体育館まで行った。

今の県立体育館ではなく、昔の広島県立体育館。たしか広島球場のすぐ近くだったと記憶している。近くに広い広場もあったからあれが平和記念公園?だったのかな。

この日は、長州、マサ斎藤対藤波、木村のタッグマッチ。それよりも話題は、負傷欠場していたアントニオ猪木が久しぶりに会場に姿を見せたこと。テレビ録画中継ではオープニングからアントニオ猪木の会場入りシーンが流れたが、その横にずっと映ってた^^;会場入りしてからアントニオ猪木は会場裏手で外に出てストレッチをしていたからその様子をじーっと見てた。

この日、山口県から観戦に来ていた人と会場で知り合って話して、帰りはその人の車で送ってもらった。その人もアントニオ猪木のファンだった。いまから山口県まで行くなら明日も観光案内するよ、と言われたけど、断って帰った^^;