読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

第1回IWGP優勝戦 83・6・2

1983年6月2日のIWGP優勝戦はアントニオ猪木な舌出し失神による一人アングルで幕切れとなったが、本来ならどんな結末だったんだろう。実況の古舘伊知郎氏がアントニオ猪木は入念にブリッジの練習を重ねてきたというニュアンスの発言していたように、最後はジャーマンスープレックスアントニオ猪木が勝利する予定だったのではないかと思う。

卍は途中でロープブレイクになったし、あの大一番で延髄斬りでの決着も考えにくい。

となれば、やはりジャーマンだったのではないか、と思うんだよね。

だけど、アントニオ猪木が優勝したところで東京スポーツに掲載されて終わり。だけどアントニオ猪木倒れる!となれば一般紙にも報じられる。環状八号線理論を持つアントニオ猪木。その環状八号線より外側の世界に届かなければIWGPの意味がなかったのだろう。

このIWGP優勝戦の6日後には全日本プロレス・グランドチャンピオンカーニバルでNWA世界ヘビー級王座にジャンボ鶴田が挑戦する蔵前大会が控えていた。たとえアントニオ猪木IWGPという新日本プロレス内のリーグ戦で世界最強を謳ったとしても、その6日後には同じ蔵前で世界最高峰のNWA戦が行われてしまえばIWGPは霞む。アントニオ猪木はそれがわかっていたからこそ、坂口征二に人間不信と書かせてまで、1人アングルを決行したんだろうう。

いまのプロレスにはあんなビッグインパクトがある出来事がないなあ。

 

仮にアントニオ猪木が第1回IWGPの覇者になって、世界サーキットしたとしても、ローカルチャンピオンの域は出なかったと思うし、いま、なお、第1回IWGPの話題が出続けることもなかっただろうね、第1回MSGシリーズの話題が出ないように。