読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

83新春黄金シリーズ蔵前国技館

1983年2月7日新日本プロレス蔵前国技館大会。前年の11月4日に続いてアントニオ猪木はぐれ国際軍団の1対3ハンディキャップマッチ。当時はわからなかったけど、今となれば、こんな何のメリットもないカードを受け切ったはぐれ国際軍団ラッシャー木村アニマル浜口寺西勇はみんなプロだなあと思う。買っても負けてもメリットないもんな。

1対3の試合展開は面白かった。アントニオ猪木の寺西選手への顔面蹴りは強烈だったし、渾身の力で決めたコブラツイストが印象的だった。

この日はタイガーマスクブラックタイガーWWFジュニアヘビー級タイトルマッチも。タイガーマスクがローリング延髄、ジャーマンスープレックスで勝利。ローリング延髄、翌日から学校で真似したなあ^^;

IWGPの開催も目前に控えて新日本プロレス、盛り上がってたなあ。