読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

1983年サマーファイトシリーズ最終戦その2

この日のメインイベントはWWFインターナショナルヘビー級選手権、チャンピオン長州力対チャレンジャー藤波辰巳。この年の4月に王座を奪われリターンマッチにも敗れてメキシコに渡った藤波辰巳が遂に王座奪還。リング下での延髄からリングアウト勝ちだったけど、見応えは十分だった。試合途中、藤波が逆ラリアットを出したあと両者とも倒れこんだ時の呼吸の荒さがこの試合の凄さを物語っていたなあ。あれだけのスタミナ、体力、スピード、受け、昔の新日本プロレスのレスラーは本当に凄いトレーニングをしていたんだと思う。