80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

1983年ブラディファイトシリーズ福生大会

1983年9月22日新日本プロレスブラディファイトシリーズ最終戦は福生大会。通常であれば前日の大阪大会が最終戦だと思うけどなぜか翌日の福生が最終戦。テレビ中継も大阪大会の翌週だった。この日はアントニオ猪木藤波辰巳対ディック・マードック、トニー・セントクレアー組。最後はやはりアントニオ猪木の延髄斬り一閃。トニー・セントクレアー、一回転して受けるからちょっとオーバーアクションだったな(苦笑)

この日のことはよく覚えてる。翌日、学校に行くと、クラスメイトが、きのうのプロレス見たよ、古舘伊知郎が実況しながら原稿読んでたから結果決まってたんだろ、と話しかけてきたから、ちょっと笑った記憶がある^^;