80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

1983年闘魂シリーズ蔵前大会その4

蔵前大会その3。アントニオ猪木谷津嘉章。この闘魂シリーズから凱旋帰国して維新軍団入りした谷津嘉章が綱引きの結果、蔵前のメインでアントニオ猪木シングルマッチ。綱引きマッチって面白かったな。

アントニオ猪木谷津嘉章、いかんせん力の差がありすぎたけどなかなかいい試合だった。アントニオ猪木のナックルパートがキレがあったな。最後は谷津嘉章のパンチをよけてから伝家の宝刀、延髄斬り一閃。谷津嘉章は延髄斬りを受けるのが上手かった。