読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

1983年MSGタッグリーグ戦優勝戦

アントニオ猪木、ハルクホーガン組が優勝して有終の美を飾ったんだけど、この年の6・2蔵前でノックアウト負けしてるアントニオ猪木が、その相手のホーガンと組んで戦うタッグリーグ戦にもなんか最初から最後までまモヤモヤ感があったなあ。マードック、アドニス組、藤波辰巳前田明組あるいは長州、浜口組あたりが優勝した方が面白くなって、その後の展開も変わってたかもしれないけど1983年当時だとどうしてもアントニオ猪木の時代だったなあ。