80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

1984年新春黄金シリーズ札幌大会

1984年2月3日新日本プロレス新春黄金シリーズ札幌中島体育センター大会。藤波辰巳長州力。かの有名な藤原喜明が試合前の長州を襲った試合。結局、この試合は不成立。次の試合、ダイナマイトキッド対デイビーボーイスミス戦がドタバタと行われたけど会場も騒然としていて観客も試合に集中できてない感じだったし、テレビの前で観戦してても同様な気持ちだったなあ。メインはアントニオ猪木前田明対ハルクホーガン、アイアンマイクシャープ。試合後にアントニオ猪木前田明をリング上に呼んで張り手を見舞っていたけど、何から何までわからない興行だった。

この日は高校受験の日だったから、この1日の出来事は今でもよく覚えてる。