80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

1984年ビッグファイトシリーズ第2弾開幕戦

開幕戦の後楽園ホール坂口征二藤波辰巳対ドンムラコ、マスクドスーパースター。このころは、マスクドスーパースターがメイン外国人としてよく参戦してた。大型選手でパワーもあるし、マスク姿も派手だけど、ファイトスタイル、パフォーマンスは地味なレスラーだったなあ。アントニオ猪木ら主力選手ともよくシングルマッチで戦ってた気もする。他のシリーズだったけどシリーズ最終戦でのシングルマッチもあったな。賞金&マスクをかけた試合だったかな。

1984年のビッグファイトシリーズは、前田明ラッシャー木村剛竜馬らの離脱、新団体ユニバーサルの話題もあって、新日本プロレスがなんか緩やかにトーンダウンしていくきっかけになったシリーズだったなあ。