80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

1984年闘魂シリーズ最終戦メイン

この日のメインはアントニオ猪木ストロングマシン2号(≧∇≦)この時は正体がわからなかったけど、後年その正体が力抜山と知りびっくり!力抜山選手と言えば前座戦線で戦っていた選手だと思ってたからマスクをかぶって殺戮マシン軍団の2号に変身していたとは思いもよらなかった。マシン軍団はその後も増殖していって3号、4号もいて正体はいろんな説があったけどヤス・フジイとか、時にはブレッドハート?が入ってるなんて情報も雑誌に載ってたような記憶がある。