80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

1984年第5回MSGタッグリーグ優勝戦

1984年12月11日に行われた新日本プロレス第5回MSGタッグリーグ大阪大会。優勝戦のカードはアントニオ猪木藤波辰巳対ディックマードックアドリアンアドニス。スーパーバイオレンスコンビに苦しめなれながらも最後はアントニオ猪木卍固めが決まり、猪木、藤波組が優勝。この年は春先のユニバーサル勢の離脱、秋のジャパンプロレス勢離脱など様々な苦境を乗り越えてようやく年末までたどり着いたという感じだった。よくあの時、持ちこたえたなあと思う。

この日は週刊プロレスの表紙になってたけど4団体同時興行みたいな内容だった。いまでは団体が乱立していったい何団体あるのかわからない時代になったな。