80年代プロレスを中心に、プロレスを気ままに語る、柴犬好きのブログ

自分が観戦したプロレス興行や、プロレスについて思うことがあるときに、気ままに書きたいことを書いてます。

1986年ジャパンカップタッグリーグ後楽園

1986年11月14日新日本プロレス、暮れの定番タッグリーグ。この年はジャパンカップタッグリーグと名称変更。まあMSGが使えないのは仕方ないとして、前年同様にIWGPタッグリーグで良かった気もする。

藤波辰巳武藤敬司対ケンドーナガサキ、ミスターポーゴ

思えば藤波は83年のタッグリーグも前田と組んでたし、凱旋帰国した選手とフレッシュなチームを組むことがあったな。でもやはり、アントニオ猪木藤波辰巳組のほうが良かったな。それ以上にやはり新日黄金コンビと言えばアントニオ猪木坂口征二組だったな。

86年のタッグリーグアントニオ猪木藤原喜明と組んでたこともあり、いつもとは異色の雰囲気のシリーズだったな。少し前までアントニオ猪木、ボブバックランド組とかアントニオ猪木、ハルクホーガン組とかだったからなあ。